注文住宅は、ローコストでもアイディア次第で自由自在

私の体験談から注文住宅の注意点をお伝えします

綺麗な部屋

注文住宅の注意点として、私の体験談をお伝えします。
注文住宅は好き勝手に自分好みで壁紙、電気の位置、コンセントの位置等を決められるのはとても良い事ですが、電気のスイッチの場所を間違えました。ドアを開けてすぐの場所に電気のスイッチを設置致しますが、ドアの開閉の向きまで計算していなく、ドアを開けるとドアで隠れてしまう側に電気のスイッチを設置してしまいました。リビングの電気のスイッチなので、少し不便に感じます。
もう一カ所は、洗面所の電気のスイッチの場所を間違えました。洗面所に入るのに廊下側からとリビング側から入れるように作ったのですが、電気のスイッチは廊下に設置しましたが、生活の流れからリビングから洗面所に入る事が多くとても不便です。スイッチの場所等は、生活してみないとわからない事が判明しました。
他には電気の場所です。家の中を明るくしたいと思い、廊下から階段、2階のスペースに電気を設置しましたが、実際は階段の電気をつければ2階のスペースも明るくなり、2階のスペースに設置した電気は全く使用していません。どこにどう付けたら、どの程度明るくなるかなどは計算していなく、無駄な電気を設置してしまいました。
注文住宅に住んでみないと生活の流れがわからない為、とりあえずという考えで設置しましたが、無駄な物が多いと感じています。

注文住宅とハウスメーカー選びについて

中小より大手、無名より有名なハウスメーカーのほうが、どことなく信頼されやすいです。その理由に明確な根拠はなくても、どこか安心できます。ただ、注文住宅を建てるときにその考え方が本当に正しいのかどうかは、よく吟味しなければいけません。確かに大手や有名なハウスメーカーのほうが頼もしく思えますが、中小や無名のハウスメーカーでも長所はあります。
注文住宅を建てるなら細かいところまでこだわって納得したうえでハウスメーカーを決めなければいけませんが、大手で有名だからそれでOKというわけではないです。たとえ中小で無名のハウスメーカーでも、その分小回りの利く対応ができるなど利点はいっぱいあります。大手では見逃してしまうようなことでも、中小ならではの機転を利かせた考え方に期待できることもあります。
注文住宅を建てるなら、そんな信頼できるパートナーとタッグを組みたいと思うのは自然な考え方です。そして、お客の立場に立って考えられるハウスメーカーが、注文住宅の質を決定付けます。注文住宅で失敗しないようにするためには、信頼できるハウスメーカーとタッグを組むことです。それができれば隙のない注文住宅作りができますし、後で悔やむことにはなりにくいです。

PICK UP

綺麗な部屋

私の体験談から注文住宅の注意点をお伝えします

注文住宅の注意点として、私の体験談をお伝えします。注文住宅は好き勝手に自分好みで壁紙、電気の位置、コンセントの位置等を決められるのはとても良い事ですが、電気のスイッチの場所を間違えました。ドアを開けてすぐの場所に電気のスイッチを設置致しますが、ドアの開閉の向きまで計算していなく、ドアを開けると…

More
清潔感のある部屋

注文住宅の価格に関する注意点

注文住宅を坪単価を基準にして考えるかたは少なくありません。注文住宅を建てる際、坪単価が安ければお得に家が建てられるように感じますし、高ければ予算オーバーしてしまうと諦めてしまいがちですが、実は坪単価というのはメーカーが提示する目安に過ぎず、その計算方法も決まったものがないので、参考程度に留めておく数字…

More

HEADLINE

テラスのある部屋

注文住宅で階段下収納に着けた方が便利なもの

我が家で注文住宅を建てて実際に住んでみて、階段下の収納スペースに着けておけばよかったなあと反省していることを書きます。まず一つ目は階段下収納の中の照明です。我が家の階段は途中でコの字に折れ曲がっている階段なので、階段下の空間もまっすぐではなくコの字になっています。入口は廊下に面していますが、内…

More
モノトーンな部屋

注文住宅におけるオススメのトイレとは?

我が家で注文住宅を建てて実際に住んでみて、着けておいて良かったと思うトイレについて書きます。それは、パナソニックのアラウーノCH1203WSというトイレです。トイレに入ると人の動きを関知してひとりでに蓋が空きます。さらに座る時間の長さで大便か小便かを判断して、大便の場合には洗剤の泡(安い食器洗…

More

POST LIST